センター概要

センター長挨拶

~シームレスなBSL・初期・専門研修で、将来のキャリアパスを描く~

臨床教育研修センター長 中本 安成

本センターの主な役割は、医学部での臨床BSL実習、卒後の初期研修、そして専門研修を一連のシームレスな流れの中で効率的に実施し、将来の専門医師、医学者として大きく羽ばたくための橋渡しをすることです。福井大学医学部および附属病院に一貫して流れる、アットホームで自由な雰囲気のなかで個性を思い切り発揮しながら新しいものを創造する、というフロンティア精神に満ちた研修をめざしています。多少の苦労はしても、最後に笑える、医師生活を目標にして、ひとりひとりが研修を終えたときに満足のいくキャリアパスを展望できるように最大限のお手伝いをしたいと思います。そのためには、研修プログラムのブラッシュアップ、とくに研修医が自ら描く将来像をじっくりと追求できる、それを全力で応援できる環境を提供して行きたいと思っています。

さて、平成16年度からの医師臨床研修制度により卒後2年間の初期研修が必修化されすでに10年以上が経過しました。この間に育った若手医師が第一線で活躍するようになって、その成果と問題点が明らかになってきました。成果として、単一の診療科や専門に偏らずに総合診療方式(ス―パーローテート)による研修を受けることが可能となり、プライマリ・ケアの水準が向上しました。また、たすきがけ研修により大学に偏重せずに教育病院と連携することによって地域医療との接点が拡大しました。

しかしその反面として、問題点も浮き彫りになってきています。とくに、若手医師全体の臨床能力が低下していることが指摘されています。大学卒業直後の貴重な2年間を費やす初期研修としては、見学や非侵襲的な診療に制限されているために経験不足に陥っています。多彩な分野を広く研修するという前提のもとで、いずれも浅く表面的な経験に止まっているように見受けられます。その結果として、初期研修中に習得する技能レベルが患者さんの生命やQOLに直結する実臨床の水準には届いておらず、あまり役に立たない、という声も挙がっています。これより、平成29年度から実施されることになった新専門医制度は、初期研修に連続する3-4年間という長い時間をかけて、自らのキャリアパスに必要な領域全体を網羅しつつ、実臨床のレベルにまで高められるように考えられています。

本院での新専門医制度に基づくプログラムは、それぞれの領域を網羅的にカバーしているというだけではなく、専門性の高さを追い求めることを特徴としています。初期研修で身に着けた幅広いプライマリー的な診方によって、患者さんからの80%のニーズに対応できるようになったとしても、それで十分という満足は得られないのではないでしょうか。診断に安心し、治療に満足して、笑顔で退院することができる、そして、その後の経過を任せたくなる、もう病気にかかりたくないという思いまで100%叶えてくれる器の大きな信頼できる医師を養成します。また初期研修とは対照的に、このたびの新専門医制度が専門性の高さを求めるものである限り、そもそも大学に備わっている、診療を通じて専門医教育や大学院での研究を行う医育機関としてのアドバンテージをフル活用し育成して行きます。その結果として、大学病院の発展だけではなく、地域においても未熟な医師が彷徨える状況から脱却し、信頼できる専門医が即戦力として配置されるようになります。そして患者さんへの医療レベル、医師としての仕事の充実度がWin-Winの関係としてさらに向上するものと思われます。

最後になりましたが、センター内にはスキルラボが設置され多くの基本診療手技に関するシミュレーターを24時間利用することができます。また多数のセミナー室や仮眠個室、シャワールームを完備しており、個別デスクも新調されたばかりです。本センターのハード/ソフト面を十分に活用して、自らのキャリアパスを飛躍されることを願っています。