歯科医臨床研修

福井大学病院 歯科医臨床研修プログラムの特色

福井大学医学部附属病院において単独型として1年間の臨床研修を行います。本院歯科口腔外科では、腫瘍、嚢胞、炎症、外傷、顎変形症などの口腔外科疾患の治療に加え、う蝕や歯周疾患などに対する歯科治療、インプラント治療も行っています。また、全身疾患を有する方々が多く受診されるのも大学医学部附属病院の特徴です。研修の1年目は基本コースとしていますが、早期に担当医として外来、入院治療に携わることができるよう配慮しています。厚生労働省の臨床研修施設基準に示される初期研修期間は1年のため、1年目の研修終了後、修了認定を行います。より高度な歯科医療技術や全身管理を学ぶために、後期研修となる2年目に3か月間の麻酔科研修を行うことができます。また、希望により、救急部研修も可能です。この他、大学院に入学し、臨床を行いながら最短4年間で医学博士号取得を目指すことも可能です。さらに、口腔外科認定医、口腔外科専門医取得も視野に入れて研修に励んでいただければと思います。