初期臨床研修

研修プログラム

 

平成31年度初期臨床研修

本院の研修プログラムは以下の5種類です。

Aプログラム(定員30名):2年間を大学病院で研修

  • 2年間 大学病院

Bプログラム(定員3名):1年目を大学病院で研修、2年目を協力病院で研修

  • 1年目 大学病院
  • 2年目 協力病院

Cプログラム(定員9名):1年目を協力病院で研修、2年目を大学病院で研修

  • 1年目 大学病院
  • 2年目 協力病院

※B、Cプログラムでは、たすきがけ方式で大学病院と協力病院でそれぞれ1年間の研修を行います。

小児科重点プログラム(定員2名):2年間を大学病院で研修

※主に、将来小児科医になることを希望する研修医を対象に研修を行います。

  • 2年間 大学病院

産婦人科重点プログラム(定員2名):2年間を大学病院で研修

※主に、将来産婦人科医になることを希望する研修医を対象に研修を行います。

  • 2年間 大学病院

たすきがけ病院一覧と受入数

各たすきがけ病院には、受入数に限度があるため、マッチ者間での希望先が重複した場合には、必ずしも希望が通らないことがあります。

研修病院 Bプログラム(2年目受入) Cプログラム(1年目受入)
福井県立病院(福井市) 2名 2名
福井赤十字病院(福井市) 2名 2名
福井県済生会病院(福井市) 2名 2名
福井総合病院(福井市) 2名 2名
市立敦賀病院(敦賀市) 2名 2名
杉田玄白記念公立小浜病院(小浜市) 2名 2名
公立丹南病院(鯖江市) 2名 2名
市立島田市民病院(静岡県島田市) 1名 1名
市立長浜病院(滋賀県長浜市) 1名 1名

研修協力病院及び施設

地域医療や地域保健、小児科、産婦人科など、本院の研修の一部を補うため、病院、保健所、診療所、 血液センターなどの臨床研修協力施設を設けています。
地域の研修先は本人の希望により選択することができます。

研修病院・施設

  • 福井愛育病院
  • 公立丹南病院
  • 舞鶴共済病院
  • 木沢記念病院
  • 彦根市立病院
  • 福井県精神保健福祉センター
  • 国立病院機構敦賀医療センター
  • 若狭高浜病院
  • 国民健康保険池田町診療所
  • 南越前町国保今庄診療所
  • 福井産業保健総合支援センター
  • 福井県赤十字血液センター
  • 福井健康福祉センター
  • 奥越健康福祉センター
  • 藤田神経内科病院
  • 池端病院
  • 広瀬病院
  • 越前町国保織田病院
  • おおい町国保名田庄診療所
  • 高浜町国民健康保険和田診療所
  • 福井勝山総合病院
  • 林病院
  • 中村病院
  • 国立病院機構あわら病院
  • 穂仁会大滝病院
  • 福井厚生病院
  • オレンジホームケアクリニック

オリエンテーション

研修を円滑に実施できるよう、各診療部の紹介を始め、カルテの記載、医療倫理、医療安全管理、院内感染、保険診療、ACLSコース等、医療を行うために必要な事項を約1週間かけて学びます。

研修スケジュール

臨床研修Aプログラム(定員30名):2年間大学病院で研修

基本的には研修医の希望に合わせてコースが選択できるようローテーション研修を行います。将来専門としたい診療科を中心とした研修も可能です。

必修科目のうち内科6ヶ月、救急部門3ヶ月は1年目に、地域医療1ヶ月は2年目に行います。必修選択科目(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科)のうち2科目以上と選択科目は1年目の3ヶ月又は2年目に行います。

研修指導は2年間を通し,原則として指導医とマンツーマン方式で行います。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科 救急部門 選択必修科目又は選択科目
6ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
2年目 地域医療 選択必修科目又は選択科目
1ヶ月 11ヶ月

※科目の順序は研修医によって異なります。

臨床研修Bプログラム(定員3名):1年目を大学病院で、2年目を協力病院で研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科 救急部門 選択必修科目又は選択科目
6ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
2年目 たすきがけ病院の研修プログラムによる
  • 1年目の研修は本院のAプログラムに沿って行い、2年目の研修は協力病院の各研修プログラムに沿って行います。

臨床研修Cプログラム(定員9名):1年目を協力病院で、2年目を大学病院で研修

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科 救急部門 選択必修科目又は選択科目
2年目 地域医療 選択必修科目又は選択科目
1ヶ月 11ヶ月
  • 1年目の研修は協力病院での各研修プログラムに沿って行い、2年目の研修は本院のAプログラムに沿って行います。
  • 2年目の本院での研修は将来専門としたい診療科を中心に関連の診療科での研修も可能です。

小児科重点プログラム(定員2名)
主に、将来、小児科医になることを希望する研修医を対象に、2年間を福井大学病院で研修します。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科 救急部門 選択必修科目又は選択科目
6ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
2年目 選択科目 地域医療 麻酔科 産婦人科 小児科
3ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 6ヶ月

産婦人科重点プログラム(定員2名)
主に、将来、産婦人科医になることを希望する研修医を対象に、2年間を福井大学病院で研修します。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科 救急部門 産科婦人科
6ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
2年目 選択科目 小児科 麻酔科 地域医療 産科婦人科
3ヶ月 3ヶ月 3ヶ月 1ヶ月 3ヶ月

地域医療・地域保健研修施設紹介

コアレクチャー

大学で研修中の若手医師の教育の一環として、研修の2年間を通じて、おもにプライマリケアで遭遇する、Common Diseasesや見落とすと危ない疾患を中心に研修医向け勉強会「コアレクチャー」を実施しています。

全科総動員で専門分野のドクターが講師として、内容はできる限り日々の臨床に役立つ(Clinical-oriented)、外来でよくみる疾患(Primary Care)に焦点を絞っています。このレクチャー・シリーズを通じて、外来や当直でよく遭遇する疾患について、より深い理解と知識の整理をすることができます。

毎週金曜日18:00~19:00、臨床教育研修センター2階白翁会ホールで行っています。